ダイエットについて思う事

私は上半身に比べて下半身が太めである。
小さい頃から甘い物や脂っこい物が好きで、
3つの時に母が飴の袋を渡したのを忘れ、
内職の仕事をした後慌てて様子を見たら、
私が飴を一袋齧ってしまっていたという
エピソードがある程である。

 

そんな事もあって、幼稚園に入る頃には
すでに太目の体型をしていた。丸顔で
全体にぷよぷよしている脂肪太りの体型は、高校まで
続いた。
ダイエットサプリ4
高校に入学してからは学校が指定するバッグを
登下校使用していた。他の友人が出来るだけ
バッグが軽くなるように中身をコンパクトにして
いたのに、容量の悪い私は教科書や参考書を
ぱんぱんになるくらい詰め込んだバッグを持ち歩いた。

 

いくら若くても重いものは重い。私は登下校の時に
バッグを左右の手に持ち替えながら、前傾姿勢で
歩いていた。そのせいか太ももの全面に筋肉が
ついてしまったのである。決して運動部に入っていた
わけではなく、自然にそうなったのだ。

 

 

20代の時はスポーツクラブ

でエアロビクスのクラスに通っていたが、とても
楽しかった。他の人達と一緒に出来る所も良かったし、
踊っている間は「オーバー・ナイト・サクセス」
気分を味わえたからである。
ダイエットサプリ3
スポーツクラブの成果もあって、学生時代よりかなり体重も
減ってスリムになったと思っていたが、ある病院に
行った時に私のカルテの体型が「がっしり体型」に分類
されているのを見て、がっかりした覚えがある。

 

 

それ以来私は自分が筋肉太りである事を自覚するようになった。

 

上半身は汗をかくくらい運動をすれば何とかなるのだが、
下半身はなかなか落ちないものである。何かの本で読んだところに
よると、体の肉というものは運動すると減らすという事は出来ないが、
引き締める事によって減らしたように見えると書いてあった

 

もしそれが本当なら、何故道行く人たちやテレビで見る芸能人は
あんなにスタイルが良いのだろう。私は不思議でならなかった。

 

最近ではライザップというクラブのCMで、会員や著名人の
ビフォー・アフターの映像を流しているが、皆変身した後は
別人のようにカッコ良く変わっている。
皆仕事が忙しいうえお酒の付き合いが多そうな人達ばかりだから、
不規則な生活がダイエットを妨げていたのだろう。
それにもかかわらず、見事に成功しているのだから感服するほかない。
ダイエットサプリ5
私は彼らに比べるまでもなく規則正しい生活をしているので、
いくらでも自己管理が可能なはずだと言われそうだが、
それでも下半身太りをキープ出来るのである。ダイエットを成功
している人たちから見たら、私の方が不思議なのかもしれない。
いつかはボン・キュッ・ボンの体型を実現するのが、私の理想である。